イメージ

世界中の女性に届けたい。150gの幸福

1935年1月8日 パリ生まれ。
1958年、ブランドの創始者であるジャック・レオナール氏と協力してプリント生地のメーカー「レオナール社」を設立。同年にはチーフデザイナーとして、革命的なアイディアでニットにプリントをする技法を開発する。
これにより、ランバンやディオールなど有名デザイナーに注目され、ファッションブランドとしてのレオナールが誕生。以来、50数年の長きにわたりメゾンを率いている。
トリブイヤール氏は世界旅行家としても知られている。特に、南の島々へ多く足を運び、蘭の美しさに魅せられて発表したシリーズは、「花のレオナール」のイメージを決定的に印象づけるものになった。レオナールのイマジネーションの原点ともなっているこの蘭の花について、トリブイヤール氏は、「アジア原産のこの花の美しさは特別で、気高さと静けさが共存している。」と語っている。
最近では、有名デザイナーをクリエイティブディレクターに起用している。

現在、世界35カ国に200店のショップを展開。
仏オートクチュール協会会員。

職歴

1953年~1955年 ジャック・レオナール氏のアシスタントとして働く
1958年1月 ジャック・レオナール氏と「LEONERD FASHION」を設立
1969年4月 「LEONARD ITALIE」を設立し、社長に就任
1970年 新会社「LEONARD PARFUMES」の社長に就任
1987年 「LEONARD グループ」の取締役社長に就任
2011年 「LEONARD グループ」の取締役会長に就任

受勲

1989年2月 芸術文芸勲章 コマンドゥール 受章
1989年12月 国家功労賞コマンドゥール 受賞
2001年6月 パルム・アカデミック勲章・シュバリエ 受章
2001年7月 レジョン・ド・ヌール勲章 オフィシエ 受章
2008年1月 レジョン・ド・ヌール勲章 コマンドゥール 受章
2011年7月 旭日中綬章 受賞

職業人としての彼の人生は、プルオーバーにプリントを施すフリーファッションの国際特許、シルクオーバーやリバーシブルのネクタイの発表など、世界中で数多くの商品を世に出したことで輝かしいものになりました。また、日本の伝統工芸である着物の柄を描くことを認められた、最初の西洋人でもあります。日本国内において多数の書籍を出版、柔道も黒帯の腕前と、日本に造詣の深いことでも知られています。

彼は言います。「熟練の手作業で何色も重ねられるプリントモチーフ、美しい最高級のシルク、そしてその素材を使って出来上がる軽やかなドレス。私はこれを『150gの幸福』と考え、世界中の女性に届けたいのだ」と。